犬のしつけ教室|マザーウルフ東京|パピーパーティー、問題行動のご相談を!

img018.gifimg018.gif


[ マザーウルフは東京都品川区にある犬のしつけ教室です ]

2003年~2005年度卒業生 No.5

トビー君

トビー.jpg
東京都品川区在住

①トレーニングを受ける前にどんな不安を抱えていましたか?

  • 現在4才なのですが、私の結婚に伴い家庭環境、生活環境がガラリと変わり分離不安で留守番ができなくなってしまいました。

②トレーニングを受けて良かったところはどこですか?

  • 出張で自宅に来ていただけたので、留守番の実践+基本トレーニングと平行してできました。
  • 留守番に関しては、色々なしつけの本やネットからの情報とは一味違った方法を教えていただけたので良かったのです。

③トレーニングを受けて不満だったところはどこですか?

  • なし

④トレーニングを受ける前と受けた後でオーナー様自身が変わったと感じるところはありますか?あるのであればどこが一番変わりましたか?

  • 一段と愛しいと感じる様になりました。 ←"母なる気持ち"が強くなったのだと思います。
  • ほめる事をせず、叱ってばかりいた事に気付きました。こんなにも私達のほめる言葉に反応してくれる子だとは思ってもいませんでした。

⑤トレーニングを受ける前と受けた後でワンチャンが変わったと感じるところはありますか?あるのであればどこが一番変わりましたか?

  • どうしたらいいのか頭を使って考えているのがわかります。

⑥その他マザーウルフに対してのご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  • 最初はとにかく留守番が上手になればいいと思って始めた訓練でしたが、基本トレーニングを通して日常生活の様々な場面に応用することを教えていただけてよかったです。留守番はまだまだ完璧ではないですが工夫しながらがんばっていきます。本当にありがとうございました。
  • 卒業生の会の様な他のワンちゃん達とコミュニケーションを図る企画があれば参加してみたいです。


★★マザーウルフからのコメント★★

留守番中に吠える。という問題は、なかなかすぐに結果が出るトレーニングではないので、パパママの根気と努力に大きく左右されるものなのですが、本当に真面目にじっくり取り組んでいただけたからこそ、結果としてトビー君が答えてくれたのだと思います。合わせて基本訓練もパパママそろって、楽しみながら前向きに取り組んでいただけたので、嬉しそうなトビー君の顔がとても印象的でした。


リオンちゃん

リオン.jpg
東京都品川区在住

①トレーニングを受ける前にどんな不安を抱えていましたか?

  • 5才という年令だったので、教室に通っても継続して教育をしていけるか、リオンがきちんと教えたことを吸収してくれるか不安でした。

②トレーニングを受けて良かったところはどこですか?

  • 明らかな改善が見られるので私自身もどんどんリオンに対して指示していこうと意欲的に望むことができるようになった。

③トレーニングを受けて不満だったところはどこですか?

  • 不満は無いがなかなかお散歩中に他の犬に吠える乗って教えてもらったようにチェックを入れるが止まないので困っている。

④トレーニングを受ける前と受けた後でオーナー様自身が変わったと感じるところはありますか?あるのであればどこが一番変わりましたか?

  • 今までは私が思うときに「座れ」などの指示をして、できなくてもそのままで、とにかくかわいがるばかりだったが、教室に通うようになってから意識的に指示するときは絶対成功させるようになった。
  • 甘いばかりでなく厳しさをもつようになった。

⑤トレーニングを受ける前と受けた後でワンチャンが変わったと感じるところはありますか?あるのであればどこが一番変わりましたか?

  • 少しずつではあるが今までの様になんでも自分の思い通りにいかなくなっているのを感じている様な気がする。
  • 指示に従わないとその場から動けないと分かってきてると思う。

⑥その他マザーウルフに対してのご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  • 今までしつけのビデオや本をたくさん見たがどれも実際にやって長続きする事はなかったが教室に通って実践すると飼い主自身も勉強させられるし何より体験しながらしつけする方法を学べるので今まであいまいだった指示が徹底してできるようになりました。完全ではないが今までみたいにただ可愛いだけではなく、できる子になりつつあります。教室が終了しても、あめとムチをうまく使い分けて、教えても経ったことを完全にできる様にしていきたいと思います。ありがとうございました。


★★マザーウルフからのコメント★★

5才という年齢で不安もありましたよね。でも、ママがあきらめないで根気強くリオンちゃんと向き合う姿勢が、リオンちゃんに少しずつ自信を持たせてあげることにつながったのです。多くの人は5才という壁であきらめてしまいがちですが、「訓練=会話」なのだということをあらためて教えてくれた子でした。いくつになっても、不安に思うのではなく、自信を持ってママがちゃんと見守って教育しつづけてあげて下さい。



ページの先頭へ